読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計士の気まぐれ日記

時事問題、自己啓発、会計、経済、金融、プライベート等に関する情報を配信しています。

冨山和彦さんの講演

私のような会計士候補生は、実務補習所という場所へ3年間通って一定の単位を取得し、その後に修了考査という試験をパスして、晴れて公認会計士になることができるのです。

つまり、「会計士の気まぐれ日記」というタイトルを謳っているにもかかわらず、正確には私はまだ公認会計士ではないのです。笑

というわけで、その実務補習所へ行ってきました。今日の講義はなんと、僕が以前にも幾度が紹介させていただいた冨山和彦さんによる講演でした。

 

 

さすが、数々の修羅場をくぐり抜けて来られた経営のプロフェッショナルとあり、3時間の講義があっという間に終わりました。

今日は、備忘という意味も兼ねて、講演内容の一部を簡単に箇条書きで紹介させていただきます。

 

 

 

日本に顕著な課題(個別企業レベル)

・ゼネラリスト指向の人事制度では、プロフェッショナルは育ちにくい。

・これからの時代、ゼネラリストはAIの発達等により淘汰されていくため、欧米のようなJob Discription体制をとるべき。

・それぞれの業務で求められるレベルが、今は格段に上がっている。

・合議制が採られている中で最も重要なのは、CEOを誰にするか。そのため、ろくに検討もせずにそこらじゅうの人にオファーを出すようなふざけたことはしないで、優秀な30代〜40代等の人間に圧倒的な成長ができる道を与えて試行錯誤したりすることで、真面目に後継者を選出しなければならない。

・経営≒意思決定力×実行力。日本は実行力に長けているが、意思決定が下手くそ。意思決定の方向がずれていると、マイナスの影響はむしろ拡大してしまう。意思決定力でキーとなるのは、徹底的な「合理主義」であり、「情」に流されてはいけない。

 

 

日本に顕著な課題(産業レベル)

・産業横断的な低い人材流動性

・欧米ではプロフェッショナルの流動性が非常に高い。

・銀行でずっと勤務してきた人は製造業の社長が務まらないというのは嘘。経営みたいなプロフェッショナルな仕事は、自分の属してきた業種によって成果が決まるわけではなく、個人のバリューで決まる。そのため、経営をナメてきた人は、どれだけ業界に詳しくとも、会社を潰す。

・その会社でしか仕事ができない、「会社病」にかかっている人が多すぎる。

 

 

これから会計士に求められる能力

・チェックリストを埋めるような作業をしているだけの人と、数字の裏の背景を考えることができる人では、天と地の差がつくようになる。

・数字の裏にある実態を読み解くことができるようにならなければならない。例えば、ROEが10%を超えている部分だけを見て「この会社は優秀だ」と言い切っちゃうようなバカになってはいけない。その会社は、財務レバレッジが高いだけかもしれない。

財務会計の知識を有していることは、必要条件であるものの、十分条件ではない。管理会計、経営会計や、ファイナンスの知識も身につける必要がある。

・数字の裏の実態を読み解くことができるようになるために、普段から世の中の森羅万象に興味を持たなければならない。例えば、「なんでセブンイレブンは他のコンビニを凌駕しているのに、全国展開されていないのだろう?」とかを考える癖をつけると、意外と世の中が面白いことがわかるし、非常に仕事にも役立つ。

・古典や歴史のような教養を身につける意義は、結局は「人を観察する」ということ。様々なタイプの人に興味を持つことから、ビジネスへの興味を持つことも始まる。

・監査を行うときは、徹底的に冷徹な判断を下すことが大切。一つの監査契約を失っても君の仕事はなくならないが、逮捕されると全て失う。

 

 

 

とにかく、世の中へもっと興味を持てということを何度も繰り返していらっしゃいました。これこそが、プロフェッショナリズムを磨く上で一番基本かつ重要なことなのでしょうね。

同氏のおすすめの本も紹介されていたので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

会社は頭から腐る 企業再生の修羅場からの提言 (PHP文庫)

会社は頭から腐る 企業再生の修羅場からの提言 (PHP文庫)

 

 

 

新訳 君主論 (中公文庫BIBLIO)

新訳 君主論 (中公文庫BIBLIO)

 

 

 

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)

後世への最大遺物・デンマルク国の話 (岩波文庫)

 

 

 

Excelのマクロがすごい

12月決算のクライアントの期末監査、3月決算のクライアントの3Q決算が無事終わり、やっと少し仕事が落ち着きました。

特に、今回の期末監査は非常に業務量が多く、入社して初めて「仕事が終わる気がしない」と焦りました。

昨日はそんな期末監査の反省点と改善策を洗い出していました。すると、思わぬ素晴らしい方法が見つかったので今日は少しそれを紹介したいと思います。

 

 

まず、今回の期末監査で明らかになった問題点を以下のように洗い出してみました。

 

 

①データ加工等の、単純だけど膨大な作業量が必要となる業務に時間をとられた

②上記に時間がとられることで、会社全体の数字について考える暇を作ることができなかった

③作業の優先順位づけがうまくいかなかった

④それぞれのタスクに割く時間が非常に限られており、ミスをすることがあった

 

 

上記の問題点の根源はどこにあるのでしょうか?

この場合においては、

 

・自らのタスク管理能力

・割り振られた仕事量

 

が考えられます。

しかし自分のタスク管理能力についても、結局は割り振られた仕事量が膨大であればあるほど落ちていくものなので、一旦問題点を、割り振られた仕事量が多すぎたという点に集約することにしました。

 

 

 

それでは、仕事量が多すぎるといった事態については、どのように対処すればよかったのでしょうか?

考えられる手段としては、

 

①他の人に適度に分担をふる

②単純な作業スピードをあげる

③今までとは違う抜本的な方法で、仕事を短時間で終わらせる仕組みを作る

 

 

等が考えられます。

上記について順を追って考察していくと、

 

①これに関してはもう少し実践できたはず。しかし、そもそも人手が枯渇している監査チーム内で他の人に分担を振るのは限界があり、仮に多少自分のタスクが軽くなったとしても、その効果は限られている。また、タスクの量に傾きが生じ、チーム全体としての作業が遅れる可能性がある。

 

 

②こちらに関しても、実践は可能であった。ただ、すでに作業の方法は完全に理解しており、ある程度スピーディーに作業を終わらせるスキルは身についていたとは思っていたし、仮に現状よりもスピードがあがったとしても、あまり効果はない。また、やみくもにスピードを上げようとすることは、その分ミスが生じる危険性を上げていることにもつながる。

 

 

③ゼロベース思考で、仕事を早く終わらせる新しい仕組みをつくる方法である。方法は様々だが、今までやってこなかった方法を採用して、現状よりも圧倒的に能率を上げる方法を見つけ出す。18世紀末に、人がどれだけ糸を早く紡ぐことができるかを追究するのではなく、紡績機をどのように作るかという視点を持つ人が現れたことで世界が変わったように。

 

 

上記のように考察した結果、もはや③の方法を選ぶしかないとの結論に至りました。

しかし、じゃあどのようにそのような抜本的な改善策を見出すことができるか?少し考えてみました。

AIの発達により、監査業務がある程度自動化される未来はそう遠くありません。しかし、そう近くもありません。やっぱり手動でエクセルを動かさないといけない時代はもう少し続くと思います。そのため、全ての業務を完全に自動化するのはまだ不可能です。

 

 

 

しかし、一部の単純な作業はほぼ完全に自動化することができるのではないか?そんな考えがよぎりました。

何度も何度も同じ作業を繰り返すデータ加工。毎回少しでもプロセスを誤ると、その発見のためにまた時間が奪われる。「こんなんやって何の能力が身につくんや??」そんなことにうんざりしていた矢先に、書店でこの1冊が目にとまりました。

 

たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書

たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書

 

 

Excel 」「自動化」というワードがあまりにも自分の捜していたものと合致していたので、思わず即買いしてしまいました。

内容は、Excelのマクロの機能を使って、日々の作業を自動化しましょうというものです。

 

 

監査では、Excelは必須のスキルです。自分も、この1年間Excelを使ってきて、そこそこ使いこなせるようになってきたとは思っていました。

関数だって、VlookupやSumif等の基本的なものから、少し複雑なIF関数やIndex関数、Match関数といった少し応用的なものまで使えるようにはなっていました。

しかし、初めてExcelに触れてからずっと謎だった存在があります。それが、「マクロ」です。

 

 

「マクロ?なんかプログラミングみたいで難しそうやな。。。っていうか、わざわざ自分でコード書いてExcelを動かさなくても、普通に関数とか使って処理していった方が早くね?」

 

と思い、あまりマクロを学ぶことに関して費用対効果を見出していなかったのです。

しかし、それはただ、自分がそもそもマクロが何のためにあるのかを理解していないだけでした。

 

 

マクロの醍醐味は、「膨大な作業工程を、ボタン一つで全て自動処理してしまう」ことです。

この事実を昨日知り(今更すぎる)、自分は今までなんて無駄なことをやってきたのかと後悔の念に苛まれました。しかもマクロで使うプログラミング言語、「VBA」は、JavaとかSwiftとかの一般的なプログラミング言語と比してとっかかりやすそうでした。

そして昨日からハマってしまい、今日も1日中VBAの勉強をしてしまっていました。

 

 

そして、自分がかなり時間がかかっていた作業を本を参考にしながらひとつひとつ書き上げ、完成してからボタンを押すと、、、今まで1時間ほどかかっていた作業がわずか数秒で終わったのです。笑

これは本当に感動しました。とともに、マクロの可能性に気づかされました。

自分はプログラミング言語は全然扱えないし、VBAくらい書けるようになっても損はないかなって感じです。てかむしろ、これから生きていく上でプログラミングのスキルは必須だと思うし、何よりコードを考えながら試行錯誤し、最後に動いたときの気持ち良さがすごい。。

エンジニアの方々がプログラミングに没頭する理由が少しだけわかったような気がしました。

 

 

このマクロを使いこなして圧倒的に仕事の能率を上げ、もっと本質的なことに時間を割けるようにしていきたいと思いました。

あまり意味の感じられない作業にかかっていた時間を有意義なものに使うことで、自分の精神的余裕・経済的余裕も生まれるのではないかと思います。

特にExcelをこれから使い始めるようになる新社会人の方々には、マクロも使いこなせるようになることをお勧めしたいですね。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

エッセンシャル思考

私たちをとりかこむ世界には、様々なやるべき物事があります。学生だったら、来週の試験の準備、仕事をしていたら、翌日までに提出しなければいけない報告書の作成等。しかし、その中でも本質的に重要なものはほんの少ししかありません。そして、重要でないものごとに時間を割いている余裕があるほど、人生は長くありません。

 

 

このことを教えてくれたのが、グレッグ・マキューン氏による、「エッセンシャル思考ー最小の時間で成果を最大にするー」です。

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

著者は、物事の本質を見極め、最適な行動をとることができる人の考えをエッセンシャル思考、そうでない人の考えを非エッセンシャル思考と呼んでいます。

 

 

・エッセンシャル思考の特徴

エッセンシャル思考を持つ人は、たくさん存在する事象のうち、ほとんどが重要でなく、不要であるという考えが大前提にあるそうです。例えば、仕事で会議に出席したとして、何も自分が発言せずに終了したりしているようであれば、その会議には出席せず、事後的に議事録等を見たり出席者に質問する等をして要点だけを掴む方が、2時間の会議を10分に圧縮できると考えるそうです。

 

 

 

また、非エッセンシャル思考の人は、依頼された仕事を、自分が本当にその仕事をするべきなのかどうかを判断する前に受託してしまう傾向があるそうです。確かに、職場では依頼された仕事を断ったり、仕事量が多すぎるからこの仕事はあの人に任せてほしいとか言ってしまうと、周囲からの評価が下がってしまうかもと不安感を抱いてしまうのはわかります。

実際、僕も去年は1年目ということもあって、変なプライドが自分を、依頼された仕事を全部引き受ける人間にさせてしまっていました。

仕事量がそこまでないときは、これでもいいかもしれません。なぜなら、依頼された仕事をこなしながら本質的なものは何かを考える時間があるからです。

 

 

しかし、完遂するのが難しいほどの仕事量を依頼されているのに、全て引き受けるようなことをしてしまうと、ただただ作業に追われて、自分が「選択する」ということすらも忘れてしまうのです。

この状態になってしまうと、忙しくて何も考える余裕がなくなり、自分が思い描く「成長するために必要な道」からいつの間にかかなりズレてしまうことになりかねないのです。

エッセンシャル思考の人は、例えば仕事を依頼されたとき、「Yes」と言う前に一歩立ち止まり、「本当にこの仕事は自分がやらなければならないのか?」と考えることができるそうです。そして、自分の抱えている仕事量が多すぎると判断したら、他人に振るか、そもそもの仕事のメソッドを見直すことをするとのことです。

 

 

 

これが日本の社会で受け入れられるかは正直言ったところわかりません。特に会社に入って間もない人とかは、Yesマンでいた方が周囲から好かれやすかったり、評価を得やすかったりするでしょう。

しかし、デキる人は全ての仕事を無意識に全て引き受けているYesマンよりも、自分の役割、やるべきことを慎重に斟酌して、やるべきでないことはきっぱりと断り、引き受けた仕事については素晴らしいパフォーマンスを発揮する人の方が能力があることを知っているはずです。

 

 

・エッセンシャル思考の人は、「完全に明確な目標」を持っている

よく、成功の秘訣は「目標」を持つことだと言います。自分の目標を紙に書き出して、できるだけ明確化している人もいることでしょう。

しかし、エッセンシャル思考は「かなり明確な目標」ではなく、「完全に明確な目標」を持っているそうです。完全な目標とはつまり、「達成度合が定量化できる目標」です。例えば、来年の3月までに営業成績で1位を獲る等です。

 

 

そして、そうした完全に明確な目標は、絞り込まなければいけません。一貫性のない複数の目標を同時に持ったとしても、それぞれの目標のどれにもコミットできないまま終わってしまう可能性が高いのです。非エッセンシャル思考の人は、物事のほとんどがトレードオフの関係にある、つまり一方を選べば一方を失うということを理解していないのです。

 

 

稀に、同時に複数の関連性のない目標を掲げても、全て達成できるような天才もいますが、ほとんどの人は1つや2つくらいの目標を達成できるかどうかだと思います。そして、ハイパフォーマンスを発揮したいのなら、その目標に対してフルコミットしなければなりません。

そのため、エッセンシャル思考の人はまず慎重に目標を決め、その目標を完全に明確化し、あとはその目標を達成するためだけに労力を捧げます。これにより、目標の達成への道のりがぐんと短くなるそうです。

 

 

 

 

・本質を見抜く癖をつける

この本を読んで、仕事においても何においても、常日頃から「本質は何か?」ということを考える癖をつけることが重要なのだと実感しました。例えばニュースをただ読むだけではなくて、「で、結局どういうことなんだ?」という視点を持って読もうとすれば、いらない部分がものすごく多く見つかると思います。仕事においても、「この手続って必要かな?」という視点を持っていれば、実はものすごい量の無駄なことをやっていたなんてことが見つかったりするかもしれません。

 

 

 

この本によると、本当に優秀な人は「仕事を減らすことによって、より多くを生み出す」のだそう。

日々のルーティンワークをただただ受動的にこなしているような人がいたら、根本的な思考方法をエッセンシャル思考にシフトさせていく必要があるかもしれません。

みんながそうやっていらない作業をそぎ落としていけば、最近騒がれている過剰労働といった問題も解決の方向へ向かうことができるんじゃないかと思います。

自分も、今年はエッセンシャル思考を持って効率よく自分が目指す方向へ向かえるように頑張らないといけないと思わされました。

仕事がなぜこんなに忙しいのか?と悩まれている方にオススメしたい本です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。