読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計士の気まぐれ日記

時事問題、自己啓発、会計、経済、金融、プライベート等に関する情報を配信しています。

禁断の果実〜MSCB〜

監査法人で仕事をしていると基本的に会計の知識が要求されるのですが、同時にファイナンスの知識も要求されることがあります。ファイナンスのことに関して無知だとクライアントの人と対等に話をすることもできないし、金融商品会計基準ファイナンスの知識なしでは理解することが難しいことがあります。

そんなわけで、時間のある休日とかは会計以外の分野に関する本とかも読んだりするのですが、今日はそんな中でも面白いなーって思った金融商品MSCBについて紹介してみようと思います。

 

 

まず、MSCBとは、Moving Strike Convertible Bondで、日本語では下方修正条項付転換社債と一般的に呼ばれます。

普通の転換社債、いわゆるCBっていうのは、企業が資金調達のために社債を発行し、引き受けた側は将来株価があがったときに株価よりも安い転換価格で社債を株式に転換することができる、つまり株価が上がることを前提に発行側・引き受け側がWin-Winの関係になれる金融商品のことを指します。

 

例えばA社という会社があったとしましょう。あなたはA社が将来ものすごく当たりそうな新規事業を画策しているとの情報を得たとします。これが当たれば将来の株価は跳ね上がりそうです。

そんなときにA社がCBを発行したので、あなたは額面100万円のCBを1個買ったとします。CB1個につき1株へ転換可能で、転換価格は100万円だとします。つまり、あなたはもしCBを転換すれば、100万円で1株を購入したことになるわけです。

 

この時点でまず企業は100万円の資金調達を実行できたという恩恵を受けます。そして引き受け側は、仮に株価が120万円になったときに転換をしたら、100万円120万円の価値がある株式を100万円で購入したことになるので、市場での売却益を得ることができるようになるという恩恵を受けます。加えて、発行側の会社は、株式に転換されたら調達した資金を返済するという義務から解放されることになります。

 

 

 

しかし、もし仮に株価が下がり続けているような場面や、企業規模と比して多額の資金調達が必要な場合はどうでしょうか。株価が下がり続けているような場面では、基本的にCB等による資金調達は困難になります。株式転換による恩恵を受けられる可能性が低い中で、利率が普通の社債(SB)等と比べて低いCBを引き受けようという投資家はあまりいないからです。

また、例えば年間売上高100億円の会社が、大型買収を仕掛けるために数千億円規模の資金調達をしようとしても、普通は金融機関は貸してくれません。

 

 

 

しかし、こういった場面でもどうしても資金調達を行いたい、という場合、金融機関が引き受けてくれる可能性のある資金調達手段があります。それが、MSCBです。

MSCBとCBの大きな違いは、MSCBは転換価格を当初よりも引き下げることが可能という点です。先ほどの例では、転換時の株価が仮に50万円だった場合には引き受け側は株式に転換してしまうと損失となってしまいます。100万円で購入した1株が50万円の価値しかないからです。しかし、MSCBだとこのような場合に転換価格を50万円に下げたりすることが可能となります。つまり、あなたはすでに100万円を払い込んでいるので、転換した場合に2株を得ることができるのです。

それだと、100万円で2株を購入したことになるので、仮に株価が50万円となってしまってもチャラということです。そういう意味で、引き受け側は損失が限定されていると言えます。

 

 

一見、業績が振るわずに苦しんでいる発行会社も、リスクが低減される引き受け側にもメリットがあるため、MSCBは万能じゃないか?と思いそうです。

しかし、このMSCBは決定的な弱点があります。それは、既存株主の利益を毀損するということです。

仮に上記のように転換価格を50万円へ引き下げたとしましょう。すると、もともとは1個につき1株発行する予定であったものが、転換価格の引き下げにより1個につき2株を発行しなければならなくなります。

こうなると、通常のCBの場合よりも株式数が潜在的に増える可能性がある、つまり潜在株式が増加することになり、希薄化効果が増大してしまうのです。

基本的に、希薄化効果が大きいと株価は下がる傾向があります。投資家は、将来転換により株式数が増加することによって、自分の保有する株式の価値が薄まると考えるからです。MSCBは大きな希薄化効果を有するため、株価は間違いないとっていいほど下がり、投資家からはかなり嫌われている資金調達方法であると言われています。

 

 

引き受け側の金融機関は、この株価が下がりやすいというMSCBの傾向を使って、大量の空売りを実行します。株価が下がる前に空売りを仕掛けておき、下がった後に株式を転換して株式を返還すれば、下落前と下落後の株価×株式数だけ利益を得ることができるからです。つまり、金融機関は基本的に必ずと言っていいほど利益を獲得することができるから、規模が貸し出し金額と比して小さくてリスクのある会社に対しても貸し出すことがあるのです。

 

 

 

ちなみに、過去にはニッポン放送株を購入するための資金調達手段として、ライブドアがこのMSCBを発行しています。引き受け側はあのリーマン・ブラザーズです。

これによりライブドアの株価はずるずると下がり、なんとか利益を捻出して株価を上げようと粉飾まで実行するようになるのです。

このライブドアの粉飾、利益捻出方法や錬金術はまたかなり面白いのですが、別の機会にしたいと思います。

 

 

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

ブロックチェーンによる送金効率化

先日の日経新聞に、三菱東京UFJ銀行が米欧豪の主要な6行と提携し、ブロックチェーン技術を用いた新たな国際送金サービスを展開する旨の記事が掲載されていました。いかが、その記事となります。

 

www.nikkei.com

 

 

ブロックチェーンを用いることで、何が効率化されるのか?この送金サービスが開始された場合、一般の民間人にどのような影響を与えうるのかを今日は考えて見たいとお見ます。

 

 

※ブロックチェーンと聞くとビットコインを連想される方も多いかもしれませんが、ブロックチェーン=ビットコインでなはなく、ブロックチェーン技術を用いた仮想通貨の1つにビットコインがある、という関係になっています(ブロックチェーンの元祖はビットコイン)が、以下で例を使うときはイメージしやすいようにビットコインを使います。

 

 

まず、ブロックチェーン技術について簡単に説明します。ブロックチェーンを超簡単に定義づけするとすれば、「管理者を必要としない分散型ネットワークシステムを利用した金融取引」でしょうか。

ブロックチェーンの仕組みが与えるメリットは、大きく以下の3つがあります。

 

トランザクションの改竄による不正を防ぐことができる

②システムのダウンにより、取引が停止されることがない

③コストが大幅に削減される

 

 

 

まず①について。普通の銀行取引の場合、例えばある銀行のデータベースに対するアクセス権限があると、残高とかを不正に改竄することが可能となります。最近でも、SMBCの支店長がデータ改竄によって不正送金を行って逮捕された事件がありましたよね。こういう不正が、分散型ネットワークの下ではできなくなります。なぜなら、ブロックチェーンにまつわる取引の全てがネットワーク参加者によって監視されており、過去のトランザクションと齟齬をきたすような取引は承認されない仕組みになっているからです。

例えば、ビットコインを所有していないAさんがBさんへ1ビットコイン送金したとします。すると、本来は存在しない2ビットコインが誕生したことになります。しかし、過去の取引から考えるとこの2ビットコインは明らかにおかしいので、この取引記録が不正であることがバレてしまうのです。

そのため、分散型ネットワークによって不正が行われるリスクを抑えることができるというメリットがあります。

 

 

次に、②について。

普通の金融取引は金融機関が間に入って管理をしていますよね。例えば、国内にいるAさんが同じく国内にいるBさんに送金をした場合、Aさんが、自身が口座開設している金融機関にBさんへの送金依頼をかけ、金融機関が当該取引を金融機関自身が管理しているデータベース内での残高移動を行うことによって取引を完結させることになります。つまり、金融機関が取引の管理者となっています。

この場合、金融機関が管理しているデータベースが何らかの原因によりダウンしてしまうと、当該金融機関を介した金融取引が全てストップしてしまいます。

一方、ブロックチェーンの場合は、ネットワークシステムをインストールしている世界中のコンピュータが全て一斉にダウンしない限り、取引がストップすることはありません。そして、そのような事態が発生するのは巨大隕石が衝突したりしない限りありえないので、実質的にシステムのダウンにより取引が停止することがないと言えます。

 

 

 

今回MUFGが国際送金にあたってブロックチェーンを採用しようとしている理由の中に、上記2つの恩恵を授かるためという要素も存在しているでしょう。しかし、おそらく一番このシステムを採用しようとした一番の理由は、③のコスト削減だと考えられます。

そもそも②でも挙げたとおり、金融機関は自行のデータベースがストップしないようにするために莫大な費用を掲げています。しかし、ブロックチェーンを採用した場合は、そもそもこのようなデータがストップしないようにするためのコストがほとんど不要になるため、運営コストが大幅に削減されるのです。

以上より、現在海外送金で大きく搾取している手数料を手放してでも、それを上回るコスト削減メリットがあると考えられることからこのようなブロックチェーン技術を導入しようとしてるのだと思います。

 

 

これまで述べたように、銀行には大きくコスト削減というメリットが掲げられていますが、民間人はどのようなメリットを受けることができるのでしょうか?

やはり、海外送金の手数料が格段に安くなること、着金までにかかる時間が大幅に縮小されることでしょう。

現在の海外送金システムは、コルレス銀行(国内口座と海外口座を中継する役割を担う銀行。JP Morgan ChaseやCiti Bank、Deutsche Bank等が主要なコルレス銀行)を通じて送金が行われるようになっていますが、振込下銀行からコルレス銀行への口座振替依頼→コルレス銀行による口座振替→振込先銀行への振込というプロセスを踏むのに非常に時間がかかるため、着金までに数日を要するようになっています。

これが、ブロックチェーンを用いて海外送金をする場合はこのコルレス銀行が不要となるので、ほぼリアルタイムで送金が可能となるのです。

 

 

 

私も勉強不足でこのへんの分野はまだまだ知らないことが多いのですが、近い将来金融取引がもっと便利になりそうで楽しみです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

完全に納得できるまで考える

最近、長時間労働を是正すべきという風潮がありますよね。

そんななか、私は普通に夜10時とかまでいたり土曜日出勤したりと、働き方改革に逆行するような勤務形態となっています。

これ、よくいうじゃないですか。「長時間労働をするのは、能率が悪いからだ。能率が悪い奴が多く働くなんて、残業泥棒だ」って。

 

 

わかります。この意見は非常によくわかります。

でも、ただ仕事を早く終わらせることになんの意味があるのかと。能率だけを重視して早く仕事を終わらせることができたら、「あいつは仕事が速い」と評価されるかもしれません。結果として残業時間が減っていたら、上の人間からは好かれるでしょう。

 

 

 

しかし、仕事をする上で「考える」という重要なプロセスを踏まずして、早く仕事を終わらせることは無意味に等しいと思うのです。

例えば、監査法人で勤めている人は、実施した手続の内容とその結果が記載された「監査調書」を作成します。特に入りたての新人は、ふられる分担が現預金等、クライアントの環境に大きな変化がない限り前期の調書を更新するだけで完成してしまうようなものが多いです。

 

 

ただ、ここで何も考えずに数字の更新だけして、「終わりました」なんて言っても、能力のない上司からは「仕事が速いね」と評価されるかもしれませんが、能力のある上司からは考えずに作っていることがバレバレとなります。

監査法人に入所して1年が経ち、もう2年目で後輩を抱えるようになりましたが、「考える」ってほんとに難しい。

 

 

「これで終わりにしても何も言われないだろうけど、まだ完全には腑に落ちていない。。でも、完全に腑に落ちるまでやったらあと数時間はかかるだろう。そうこうしているうちに、他の仕事をする時間がなくなっちゃう。。ま、これはもうここで終わりにしていっか」

 

 

この思考に陥らせる悪魔が常に自分の中に潜んでいるのです。

そして、その思考を繰り返してしまうと、本当に何もわからないままただ時間が過ぎることになってしまう。

僕の直属の上司に、鬼のように仕事ができる優秀な人がいるのですが、その人の口癖が、

 

「この手続、なんでやるか意味わかってる?数字をただ繋げるだけじゃなくて、分析しないと意味なくない?もっとよく考えて。」

 

 

少し納得感が足りないまま作った調書を作ると、面白いほどに上記のようなレビューがくるのです。

そのとき思ったのが、「自分が監査をやり続けている理由って何か?」ということ。

会社のビジネスの仕組みを見に行く機会が転がっていて、それがどういうふうに数字と連携しているのかを目の前で見ることができる。それを知ることで、誰かのためになるような情報を発信できるようになるために、監査してるんじゃないかと。

そう考えると、完全に納得感を得られるまでは考え抜く癖をつけないといけない、そんな目的全く達成できないと思うのです。それと、AIの台頭が話題になっている最近特に軽視されがちな知識。知識がないと、自分のバリューを相手に認めてもらうことは難しいです。

 

 

そう考えると、将来成功したいなら、定時には帰って飲みに行きたいなんて言ってる場合じゃないと思うんですね。普段の仕事をめちゃくちゃ考えながら遂行し、知識量も蓄える。普通に考えると帰る時間も遅くなってしまいますよね。

ワークライフバランスを優先するか、それとも自分の早期成長を優先するか。という問題だと思います。

まあ、特に何も意識せずただただ長時間勤務しているだけの人にはならないように気をつけないと。笑

 

 

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。