読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会計士の気まぐれ日記

時事問題、自己啓発、会計、経済、金融、プライベート等に関する情報を配信しています。

朝の時間の大切さ

東京へ来て半年と少し経ちますが、東京の通勤ラッシュはたまったもんじゃありません。正直、仕事よりもこの通勤が一番疲れるような気がします。言っても自分は最寄駅からオフィスの駅まで10分程度なのでまだマシですが、これを何年も続けるのは絶対嫌やと思いました。神田昌典さんの「やりたいことを見つけたければ、やりたくんあいことを列挙するのがいい」というのに習って、やりたくないリストに「満員電車の中で通勤する」を加えました。

ホリエモンの本は面白いから結構読むのですが、その中にこんな感じの言葉が。

 

「満員電車に乗りたいと思いながら我慢して乗り続けるやつを、僕はオヤジと呼んでいる。満員電車に乗りたくなかったら、乗らない方法を考えればいい。多少費用がかさんでも、職場の近くに住んで満員電車のストレスを避けるほうが、結局仕事の効率が上がってリターンが大きくなる。」

 

あかん、俺オヤジや!!ってなりました。笑 そっから満員電車をどう避けようかと考えました。そうはいっても、いきなりタクシー通勤をしたり、引っ越したりするわけになんていかない。どうしようと思った挙句、早い時間の電車に乗ることにしました。そしたら、早起きって最高やんっていうことに気がついたので、今日はそれをちょびっとだけ紹介します。

 

 

・自己のスキルアップの時間に使える

だいたいの出社時刻が9時30分と一般企業に比べて遅いのですが、6時すぎに起きて7時半くらいには出社するようにしました。朝が早いのは少し辛いとはいえ、中学校高校と朝練に行く時はもっと早い時間やったから慣れたら大丈夫やし、これで混雑は避けることができるし、午前の時間を使ってスキルアップの学習をしたりすることができます。

特に忙しい環境下で働いていると、自己学習の時間ってなかなかとれなくないですか?自分の仕事とか、いかに仕事以外の時間を使ってスキルを自発的に身につけるかがすごい大事なので、こういう時間はすごく大事です。

 

 

・朝が一番頭が働く

1日のなかで一番頭が働く時間が朝であることは、科学的に証明されています。みなさんも、早起きしたら、起きた瞬間はめちゃくちゃ眠たいけど、1時間もしたらものすごいスッキリするって経験したことありませんか?逆に、昼の12時とかまで寝てた日って、一日中ボケーっとしてしまいますよね。だから、頭が一番冴え渡る朝の時間を多めにとって、午前中に難しい仕事とかをがーっと終わらせるのがいいと思います。そしたら、「え、もう終わってるん!?」と、上司に仕事が速いと思わせることができる可能性もありますし、頭が冴える分、仕事の成果も向上するかもしれません。

 

 

・夜にちゃんと寝れる

ハードワークな仕事であればあるほど、体調管理が本当に大切になってきます。そんなとき、夜更かしっていうのは大敵です。ホルモンバランスを乱したり、睡眠不足になったりと、仕事の能率を低下させる大きな原因になりえます。なので、相当仕事がハードな時期を除いて、夜は早く寝た方がいいです。そして、早起きしてたらもう夜11時くらいには眠たくなってきます。早い時間に寝付いてぐっすり寝て、体力チャージして早く起きる。この好循環な習慣を作ることができたらいいですよね。

 

 

 

 

いやー早起きのメリットをかなりざっくりあげてみましたが、結構ばかにならんかもしれません。自分も言っても早起き始めて1カ月程度なので、まだまだほんまの良さとかはわかってない部分も多いかもしれませんが、今の所はいい感じです。まあ、朝に頭が働くかどうかは人にもよると思いますが、一回試してみるのもいいかもしれません。

仕事能率の高まる時間帯に毎日普通の人よりも1時間、2時間多く仕事をしていると、パフォーマンス向上のスピードも上がって、同期に差をつけられるかもしれませんしね。

こんなん言うときながら、そろそろやってくる四半期レビューの繁忙期になったとき、早起きを続けられるか自信はありませんが。笑

最後までお読みいただきありがとうございます。